コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院殿 インデン

大辞林 第三版の解説

いんでん【院殿】

社会的地位の高い人の戒名で、「院」の下にさらに「殿」を添えたもの。古く、将軍・大名などの戒名に用いられ、現在も各種の功績のあった人に付けられることがある。徳川家康の「一品大相国安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

院殿の関連キーワード松平忠利(1)大島 盈株一竜斎貞山常子内親王経覚私要鈔山鹿素行墓周防内侍芳賀禅可二条道平京都御所九条尚経足利晴氏柳亭種彦日野業子武家時代九条経教鷹司基忠九条道教足利義尚藤原忠実

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

院殿の関連情報