コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院号 いんごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院号
いんごう

院を末尾に付して示す名称。寺を意味する場合と人を意味する場合がある。前者独立寺院を示したり,また,付属の建築物をさす場合がある。人を意味する場合は,元来,退位した天皇の住む建物を意味し,またそれに住む上皇をもさしたが,さらに普遍化され,皇后,ひいては江戸時代大名にも用いられた。武士は一般に死後,院の名を得,これがのちに死者法名に院を付する起源となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐ごう〔ヰンガウ〕【院号】

上皇に対する尊称。「高倉院」「後鳥羽院」など。
皇太后准母など皇族の女性で、上皇に準じた待遇を受ける人への尊称。「建礼門院」「東三条院」など。
その人の建てた菩提寺(ぼだいじ)や居住した僧院称号をもって貴人をよぶ敬称。「法興院(藤原兼家)」「等持院足利尊氏)」「前唐院(慈覚大師)」など。
戒名または法名で「院」の字を含むもの。古くは貴人の場合に限られた。
年功を経た修験者(しゅげんじゃ)をよぶ呼び方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんごう【院号】

上皇・皇太后・准母などの尊号。
貴人の建立した寺院の称号。また、その貴人の称号。
死者の戒名につける「院」のついた称号。
年功を経た修験者しゆげんじやにつける称号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院号
いんごう

法名(ほうみょう)、戒名(かいみょう)の上に冠する最上の尊称。院とはもともと垣や回廊のある建物の意で、官庁や寺の称号であったが、天皇譲位後の御所の呼称に用いられるようになった。さらに10世紀初めの嵯峨(さが)天皇、淳和(じゅんな)天皇が、その居院によって嵯峨院、淳和院と称されて以来、高貴の人の尊称に転じた。10世紀末には一条(いちじょう)天皇の母が東三条(ひがしさんじょう)院と号して女院院号が、関白藤原兼家(かねいえ)が法興(ほうこう)院と号して摂関家院号が始まった。その多くは入道隠棲(いんせい)した寺院名を冠するものであった。やがて足利尊氏(あしかがたかうじ)がその開創にかかる等持院によって等持院殿と称されて以来、歴代将軍は公家(くげ)と区別して院殿号を冠した。江戸時代に院殿号は武家一般に用いられ、院号より上位とされた。一方、僧侶(そうりょ)間では、円仁(えんにん)が前唐(ぜんとう)院、円珍(えんちん)が山王(さんのう)院と称したごとく早くから用いられ、主として天台宗、真言宗の門跡(もんぜき)寺院で冠されていた。浄土真宗では蓮如(れんにょ)以来法主(ほっしゅ)がこれを冠し、本願寺が門跡を勅許されて以後、末寺僧侶に及んだ。浄土宗では功績のあった僧侶に三字院号を与え院家(いんげ)に列した。江戸時代にはこうして武家や僧侶に普及し、また特定の民衆にもこれを冠するようになった。[大桑 斉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の院号の言及

【戒名】より

…これは生前に受戒入道して仏道修行をしたという意味である。また受戒入道した居士,大姉,信士,信女の仏道修行は寺院においてでなければならないので,その寺院名を院号で表す。これは別に寺院を建立するという意味ではなくて,その人の住宅を院に見立てて仏道修行すればよいことである。…

※「院号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

院号の関連キーワード粟生光明寺安嘉門院東福門院郁芳門院大念仏寺殷富門院春華門院宜秋門院徳川吉子待賢門院徳川頼宣徳川和子建春門院月花門院松平頼純小一条院徳川吉宗明義門院上西門院宣陽門院

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

院号の関連情報