コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣田みょうが

デジタル大辞泉プラスの解説

陣田みょうが

群馬県高崎市で生産されるミョウガ。昭和初期に同市倉渕町(旧・倉渕村)の山間に位置する陣田地区に自生していたミョウガから、栽培が拡大したもの。品質・味ともに優れ、市場の人気も高い。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

陣田みょうが[葉茎菜類]
じんたみょうが

関東地方、群馬県の地域ブランド。
主に高崎市で生産されている。倉渕村(現・高崎市)陣田が原産地。昭和の初期に同地区に自生するみょうがを栽培し、高崎に出荷したことに始まる。冷涼な気候で栽培され、色・形・味ともに優れていることから陣田みょうがとして好評を博した。花蕾・幼茎ともに生食・煮食として利用されている。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

陣田みょうがの関連キーワード群馬県高崎市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android