コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陣胴服 ジンドウフク

デジタル大辞泉の解説

じん‐どうふく〔ヂン‐〕【陣胴服】

戦陣で、武士が鎧(よろい)の上に着る胴服。袖なしのものを陣羽織、袖つきのものを陣胴服と区別することがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんどうぶく【陣胴服】

武家時代、軍陣で鎧よろいの上に着た胴服。陣羽織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の陣胴服の言及

【陣羽織】より

…武士が合戦のときに具足の上に着用した上衣。室町時代の中ごろから用いられ,具足羽織,あるいは陣胴服(じんどうぶく)などとも称した。このころになって,武士の着る鎧が,機動力を必要とする戦闘法の変化によって軽快な具足(当世具足)となり,一方に防寒防雨などの必要からこのようなものが補助衣として発達したものであろう。…

【胴服】より

…武士が私的な服装をしてくつろいだ場合,小袖の上にかさねて用い,また野外や旅行のさいにも用いた。胴服でとくに戦陣用に作られたものを,陣胴服,または陣羽織と称する。陣羽織【山辺 知行】。…

※「陣胴服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陣胴服の関連キーワード武家時代戦陣道服軍陣

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android