コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胴服 どうぶく

デジタル大辞泉の解説

どう‐ぶく【胴服】

室町末から江戸初期にかけて、武将が羽織った腰丈の上着。袖なしのものもあり、主として陣中用。
胴着(どうぎ)1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

胴服【どうふく】

道服とも書き,元来道中服であるとか,道者仏法修行者)の服であるなどといわれる。僧衣の直綴(じきとつ)から変化したものとされ,公家の略服として用いられたが,室町ごろから武家の間でも小袖(こそで)の上にはおって用いられるようになり,形も次第に後世の羽織に近いものとなった。一般に衿(えり)が広く,これが別布のものもある。
→関連項目羽織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうふく【胴服】

室町時代のころから小の上にかさねて着たうわ着で,十徳(じつとく),直綴(じきとつ)などとともに後の羽織の原型となったもの。道服とも書くため,道中服であるとか,あるいはまた道者(仏法の修行者)の服であるとも言われるが,やや付会の感がある。形は羽織に似て,ふつうはわきに(まち)がなく,襟は約5寸(1寸は約3.03cm)ほどの広襟で,別ぎれが用いてあることが多く,これを時によって羽織のように外側に折ったり,立襟にしたり,内側に折り込んで着ることもあったようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶく【胴服】

武将などが衣服の上にはおった丈の短い上着。袖のないものもある。のちに羽織となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胴服の関連キーワード松原 八光米沢(市)刺しゅう室町時代殿中羽織矢羽根文袖なし羽織紐胴肩衣辻が花陣胴服雨羽織衣服和服武将腰丈匹田小紋殿中切嵌

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android