コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖無 そでなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袖無
そでなし

和服の袖のないもの。古くは手無とも呼ばれる。下賤の着るものとされ,鎌倉時代には布肩衣 (ぬのかたぎぬ) ともいわれた。男物小袖の上から補助衣として着用される江戸時代胴着のようなものである。陣羽織なども形状は似ているが,同じ流れをくむものかどうかは不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

袖無の関連キーワードちゃんちゃんこノースリーブ熊野伝三郎甚兵衛羽織金鈴塚古墳小巾・小衣横穴式石室負い真綿綿入れ手無しベスト袖無し甚兵衛阿弥衣ダミア被風打掛半臂飴売猿子

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android