コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖無 そでなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袖無
そでなし

和服の袖のないもの。古くは手無とも呼ばれる。下賤の着るものとされ,鎌倉時代には布肩衣 (ぬのかたぎぬ) ともいわれた。男物小袖の上から補助衣として着用される江戸時代胴着のようなものである。陣羽織なども形状は似ているが,同じ流れをくむものかどうかは不明。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

袖無の関連キーワードちゃんちゃんこノースリーブ横穴式石室甚兵衛羽織小巾・小衣熊野伝三郎金鈴塚古墳負い真綿袖無し手無しベスト綿入れ阿弥衣甚兵衛ダミア被風飴売打掛半臂和服

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袖無の関連情報