コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶孟和 とうもうわ Tao Meng-he

2件 の用語解説(陶孟和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶孟和
とうもうわ
Tao Meng-he

[生]光緒13(1887).天津
[没]1960.4.17. 上海
中国の社会学者。本名履恭。孟和は字。東京高等師範学校ロンドン大学を卒業。特にアメリカイギリスの社会学を学び中国に紹介,中華民国時代より中国の都市,農村の生活について実証的調査研究を数多く行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶孟和
とうもうわ / タオモンホー
(1887―1960)

中国の社会学者。名は履恭(りきょう)。河北(かほく)省の人。日本の東京高等師範学校を卒業後、ロンドン大学に留学。帰国後、1914年から北京(ペキン)大学社会学教授、1928年から北京社会調査所長として、欧米の社会調査法によって中国社会を研究、1934年以降国立中央研究院社会科学研究所長。この間、『新青年』誌上でのエスペラント採用論争にも参加した。日中戦争中は国民参政員を兼ねていたが、解放後は科学院副院長になり、1954年には全国人民代表大会代表になる。1957年に自らの反党・反社会主義性を自己批判した。主著に『孟和文存』(1925)、『北平生活費の分析』(1933)、『中国の農村および都市生活』(英文・共著・1924)などがある。[河村 望]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陶孟和の関連キーワード藤田春梢女光緒帝天津彦根命・天津日子根命天津麺・天津麵没・歿勃・歿・没天津広播電視塔兵庫県伊丹市天津Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone