コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶孟和 とうもうわTao Meng-he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶孟和
とうもうわ
Tao Meng-he

[生]光緒13(1887).天津
[没]1960.4.17. 上海
中国の社会学者。本名履恭。孟和は字。東京高等師範学校ロンドン大学を卒業。特にアメリカイギリスの社会学を学び中国に紹介,中華民国時代より中国の都市,農村の生活について実証的調査研究を数多く行なった。北京大学教授を経て 1928年には北京調査所所長。革命後,中国科学院社会研究所所長をつとめ,54年全国人民代表大会代表。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陶孟和
とうもうわ / タオモンホー
(1887―1960)

中国の社会学者。名は履恭(りきょう)。河北(かほく)省の人。日本の東京高等師範学校を卒業後、ロンドン大学に留学。帰国後、1914年から北京(ペキン)大学社会学教授、1928年から北京社会調査所長として、欧米の社会調査法によって中国社会を研究、1934年以降国立中央研究院社会科学研究所長。この間、『新青年』誌上でのエスペラント採用論争にも参加した。日中戦争中は国民参政員を兼ねていたが、解放後は科学院副院長になり、1954年には全国人民代表大会代表になる。1957年に自らの反党・反社会主義性を自己批判した。主著に『孟和文存』(1925)、『北平生活費の分析』(1933)、『中国の農村および都市生活』(英文・共著・1924)などがある。[河村 望]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陶孟和の関連キーワード東京芸術大学120周年国民之友雑誌ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門三大事件建白運動ウェッブカッペレッティグレフベネディクト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android