陶工必用(読み)トウコウヒツヨウ

デジタル大辞泉の解説

とうこうひつよう〔タウコウヒツエウ〕【陶工必用】

江戸時代中期の陶工・画家、尾形乾山の著作。乾山自筆と伝わり、作陶方法などを記している。元文2年(1737)3月に書かれ、さまざまな人物の手を経て三井財閥池田成彬の所蔵となり、世に知られるようになった。江戸伝書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android