池田成彬(読み)いけだしげあき

  • いけだせいひん
  • 池田成彬 いけだ-しげあき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]慶応3(1867).7.16. 米沢
[没]1950.10.9. 東京
大正から昭和前期の銀行家,三井財閥の指導者。米沢藩士の長男として生まれ,1888年慶應義塾を卒業し,ハーバード大学に学んだ。帰国後『時事新報』を経て 1895年三井銀行入社。 1909年常務取締役となり,以来合理主義的な感覚と実行力で,三井銀行を日本の代表的銀行に発展させた。 1932年三井合名の理事,1933年同常務理事となり,三井財閥の指導者の地位につくとともに,持ち株の公開,重役の定年制などを実行し,三井の改革を遂行した。 1936年三井を退き,1937年日本銀行総裁,1938年第1次近衛内閣の大蔵大臣兼商工大臣などを歴任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

実業家,のち政界に入る。米沢の人。慶応義塾とハーバード大学に学ぶ。1895年中上川彦次郎時代の三井銀行に入り,その後継者として筆頭常務に進む。また中上川女婿でもあった。団琢磨横死のあとを受けて三井合名会社常務理事となり,昭和動乱期の三井家の保全を図る。1936年みずからが導入した停年制にしたがって三井を去り,翌年日銀総裁,のち第1次近衛文麿内閣蔵相兼商工相,枢密顧問官。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1867-1950 明治-昭和時代の銀行家,政治家。
慶応3年7月16日生まれ。池田成章(なりあき)の長男。妻は中上川(なかみがわ)彦次郎の長女艶。明治28年三井銀行にはいる。大正8年筆頭常務となり,電力会社に外貨債を発行させるなど経営手腕を発揮。昭和8年三井合名常務理事に就任,三井財閥における所有と経営の分離(財閥転向)を推進した。12年日銀総裁,13年第1次近衛内閣の蔵相兼商工相。昭和25年10月9日死去。83歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1867‐1950(慶応3‐昭和25)
三井財閥出身の銀行家,政治家。米沢藩池田成章の長男として米沢に生まれる。慶応義塾に学んだ後ハーバード大学へ留学,1895年帰国して時事新報社に勤め,同年三井銀行に入社。三井財閥の直系事業であると同時に日本のトップ銀行であった三井銀行の第一線で活躍し,1909年常務取締役へ昇進,19年筆頭常務になると率先して増資・株式公開を実施し,台湾銀行整理や電力外債募集などを通じて経営手腕を発揮,池田時代を築いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1867~1950 実業家・政治家。山形県生まれ。慶応義塾・ハーバード大卒。三井銀行・三井財閥の発展・改革に努めた。日銀総裁、大蔵・商工大臣、枢密顧問官を歴任。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

実業家。三井財閥の発展改革につとめ、三井の大番頭といわれた。のち日銀総裁、蔵相、枢密顧問官を歴任。慶応三~昭和二五年(一八六七‐一九五〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1867〜1950
大正・昭和期の実業家・政治家。三井財閥の指導者
米沢藩士の家に生まれる。慶大卒。アメリカ留学後,三井銀行に入社,同銀行の発展に努力し業界第1位の地位を築いた。1932年三井合名理事,'37年日銀総裁,'38年第1次近衛文麿内閣の大蔵兼商工大臣となり,財界・政界に重きをなした。第二次世界大戦後,公職追放令により引退

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の池田成彬の言及

【国本社】より

…前年の虎の門事件に衝撃をうけた平沼が,〈国体ノ精華ヲ顕要スル〉ことを目的として結成した,反政党政治・反国際協調の傾向を強くもつ団体である。メンバーは平沼系の判事,検事が中心であるが,荒木貞夫,宇垣一成,後藤文夫,池田成彬などの軍人や内務省などの高級官僚,財界人をも組織した点に特色がある。地方支部でも司法官や地方政財界の名士を多数組織しており,市役所,裁判所内に事務所を設けている支部も多かった(支部39,会員1万7816名,1935年時の官憲資料)。…

※「池田成彬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android