コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文庫 ぶんこ

11件 の用語解説(文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文庫
ぶんこ

(1) 元来は和語の「ふみくら」で,現代流にいえば図書館である。代表的なのは足利文庫金沢文庫明治新聞雑誌文庫など。また,その文庫に所蔵される書物をも文庫と呼び,蔵書一般をもさすことがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふみ‐ぐら【文庫】

《「ふみくら」とも》書物を納めておく蔵。書庫。文殿(ふどの)。ぶんこ。

ぶん‐こ【文庫】

《「ふみぐら」を音読みにした語》
書物や古文書などを入れておく倉庫。ふみぐら。書庫。
収集されてまとまった蔵書。また、ある目的で集められたひとまとまりの蔵書。「学級文庫
書籍や紙筆など手回り品を入れておく小箱。文匣(ぶんこう)。手文庫。
叢書シリーズなどにつける名。「学習文庫
文庫本」の略。

ぶんこ【文庫】[書名]

文芸雑誌。明治28年(1895)8月創刊、明治43年(1910)8月廃刊。山県悌三郎主宰の投書雑誌「少年文庫」を前身とし、河井酔茗伊良子清白横瀬夜雨ら文庫派とよばれる多くの詩人を育成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文庫【ぶんこ】

(1)書物を収蔵する場所。書庫,図書館。金沢文庫など。(2)ある主題または個人の趣味で集められた図書のコレクション。岩崎文庫(岩崎家の集書),東洋文庫などはその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんこ【文庫】

本来は書庫の意であるが,転じてまとまった蔵書や図書館をさす。なお,出版界では叢書名に〈文庫〉という名を付することが,近代以来の習慣として行われている。
[日本における歴史]
 大宝律令には図書寮のほか文殿,校書殿などの名が見られ,寺社では経を収納する経蔵を有していた。上代の個人文庫の始まりは,奈良時代末期に石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が邸内に設けた芸亭(うんてい)で,奈良県天理市に顕彰碑があるほか,遺構とみられるものが発見されている。

ぶんこ【文庫】

明治時代の文芸雑誌。1895年8月~1910年8月,通巻244冊。1888年創刊の《少年園》から分かれた《少年文庫》が前身だが,小説,評論,詩,短歌,俳句などの投稿誌,新人育成の場として勢力をもつようになり,特に詩人や歌人でこの雑誌を登竜門として,のちに一家をなした者の数はおびただしい。文庫派と別称される河井酔茗(すいめい),伊良子清白(いらこすずしろ),横瀬夜雨(よこせやう),有本芳水(ほうすい),塚原山百合(やまゆり)(のちの島木赤彦)らをはじめ,北原白秋窪田空穂三木露風川路柳虹らの大家たちを輩出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふみぐら【文庫】

〔「ふみくら」とも〕
書物などを収めておく倉。ぶんこ。

ぶんこ【文庫】

〔「ふみぐら(文庫)」の音読み〕
[0][1] 書物を収めておく倉庫。書庫。
[0][1] 本や帳簿、手回りの品などを入れておく手箱。
[0] 同一出版社から続いて刊行される、同一の型・装丁の叢書。特に、廉価で普及を目的とした小型本。文庫本。 「レクラム-」
[0][1] 作者・学校・地域など、ある枠の中でまとめた蔵書。 「学級-」 「豊町-」
「文庫結び」の略。
書名(別項参照)。

ぶんこ【文庫】

文芸誌。1895(明治28)~1910年、通巻二四四冊。「少年文庫」の後身。山県悌三郎主幹。小説・新体詩・俳句・評論などの投稿誌。河井酔茗・横瀬夜雨・伊良子清白らの抒情詩人を輩出。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

文庫

(1)和語の「ふみくら」に漢字をあてた語.本来は,文献,文書,記録類を保存した書庫.転じて,まとまった蔵書や図書館を指す.北条家の金沢文庫,徳川家の紅葉山文庫,加賀前田家の尊経閣文庫,近代では,静嘉堂文庫東洋文庫などが著名.(2)出版形態を指す語として,叢書や全集の類の総称として明治期に用いられた(例:帝国文庫,日本文庫).現在では,小型で携帯に便利な廉価な普及本の総称として用いられている(例:岩波文庫).(3)巡回文庫自動車文庫学級文庫など図書館活動の形態やそのコレクションを指したり,あるいは,家庭文庫地域文庫およびその総称としての子ども文庫を指すこともある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文庫の言及

【書庫】より

…書物を保存格納しておく倉庫。〈文庫〉ともいい,古くは〈文殿〉〈経蔵〉などとも称した。これに相当するラテン語,英語bibliotheca,ドイツ語Bibliothek,フランス語bibliothèqueなどはいずれもギリシア語bibliothēkēにもとづく。…

【図書館】より

…人類の知的所産である図書をはじめとする記録情報を収集・蓄積し,利用しやすい形に整序あるいは加工して,求めに応じて検索し,利用に供する社会的機関をいう。かつて日本では,〈文庫〉〈書籍館〉の名でも呼ばれたが,近年は情報のデータベースとしての役割も果たすところから〈情報センター〉とも呼ばれる。 〈図書〉という言葉は《易経》繫辞伝に〈河は図を出し,洛は書を出す,聖人これに則る〉とあるように河図洛書(かとらくしよ)を指す。…

【投書】より

…明治30年代前半には,はがき投書が流行した。1枚のはがきに各階層の読者が公憤や私憤をあらわし,《文庫》(1895創刊)に代表される投書雑誌も隆盛であった。しかし投書は新聞の企業化とともに衰退していく。…

※「文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文庫の関連キーワード音読み訓読み湯桶読み垂加文杖文殻踏み鍬ミグ書読み書読み人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文庫の関連情報