陸軍特別大演習(読み)りくぐんとくべつだいえんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本の旧陸軍において,天皇統監のもとに原則として毎年1回行われる大規模演習のこと。教練効果を実戦に擬してためしてみるのが演習であるが,陸軍の演習には,諸兵連合演習,師団秋季演習,師団対抗演習,特別大演習,各兵種特別演習,特別陣地攻防演習,衛生隊演習,陸海軍連合演習などがあった。特別大演習は,そのなかでも最大の演習で,2個以上の師団を対抗させ,通常これに他の部隊を編合させて行なった。軍司令官勅命による大将または中将で,日数は4日とされていた。 1892年 10月栃木県宇都宮地方で,近衛,第1,2の3個師団参加のもとに行われたのが最初で,1936年までに 34回実施された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸軍特別大演習の関連情報