陸離(読み)りくり

精選版 日本国語大辞典「陸離」の解説

りく‐り【陸離】

〘形動タリ〙
① 光が分散し、入り乱れて美しいさま。光のきらきらとまばゆく美しいさま。
※日本風俗備考(1833)五「離焜燿せる金光を見ると云へり」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「急にサット霽(は)れて、目の前に麗しい七色が陸離(リクリ)と染出される」 〔楚辞離騒
② 入りまじって多く盛んなさま。〔楚辞‐離騒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陸離」の解説

りく‐り【陸離】

[ト・タル][文][形動タリ]美しく光りきらめくさま。「陸離として光彩を放つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「陸離」の解説

【陸離】りくり

入りみだれて光り輝くさま。〔楚辞、離騒〕として、として其れ離合し として、陸離として其れ上下(しゃうか)す

字通「陸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android