陸離(読み)リクリ

デジタル大辞泉 「陸離」の意味・読み・例文・類語

りく‐り【陸離】

[ト・タル][文][形動タリ]美しく光りきらめくさま。「陸離として光彩を放つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「陸離」の意味・読み・例文・類語

りく‐り【陸離】

  1. 〘 形容動詞ナリ活用タリ 〙
  2. 光が分散し、入り乱れて美しいさま。光のきらきらとまばゆく美しいさま。
    1. [初出の実例]「陸離焜燿せる金光を見ると云へり」(出典:日本風俗備考(1833)五)
    2. 「急にサット霽(は)れて、目の前に麗しい七色が陸離(リクリ)と染出される」(出典青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春)
    3. [その他の文献]〔楚辞‐離騒〕
  3. 入りまじって多く盛んなさま。〔楚辞離騒

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「陸離」の読み・字形・画数・意味

【陸離】りくり

入りみだれて光り輝くさま。〔楚辞、離騒〕として、として其れ離合し 斑として、陸離として其れ上下(しゃうか)す

字通「陸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android