コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカ

デジタル大辞泉の解説

おか〔をか〕【陸】

陸地。りく。
硯(すずり)の墨をする所。⇔
浴場洗い場。流し。

くが【陸】

《「くにが(国所)」の音変化》陸地。りく。くぬが。
「水鳥の―にまどへる心地して」〈玉鬘

くぬ‐が【陸】

《「くにが(国処)」の音変化》陸地。くが。⇔海処(うみが)
「其れ薗(その)池水―の利(くほさ)に」〈孝徳紀〉

りく【陸】

陸地。おか。くが。「に上がる」⇔

りく【陸】[漢字項目]

[音]リク(漢) ロク(呉) [訓]くが おか
学習漢字]4年
〈リク〉
丘や山がうねり続く大地。りくち。「陸運陸橋陸上陸地陸路上陸水陸大陸着陸
次々と続いて絶え間ないさま。「陸続
「陸軍」「陸上自衛隊」の略。「陸士陸相陸将陸曹陸海空
陸奥(むつ)国。「陸前陸中三陸
〈ロク〉
「六」の大字。「陸尺
平ら。「陸屋根(ろくやね)
まともなこと。まともに。「陸陸
[名のり]あつ・あつし・たか・たかし・ひとし・みち・む・むつ
[難読]陸稲(おかぼ)常陸(ひたち)陸奥(むつ)陸奥(みちのく)馬陸(やすで)

ろく【陸/×碌】

[名・形動]
(あとに打消しの語を伴って用いる)正常なこと。まともなこと。満足できる状態であること。また、そのさま。まとも。「―な品物がない」「―に休みもとれない」
(陸)土地や物の面の平らなこと。また、そのさま。平坦。「―屋根」
「とてものことに地を―にならしたきものかな」〈咄・露がはなし・五〉
気分の平らかなこと。安らかなこと。また、そのさま。
「―に休ませ給へと帯の結び目とくとくといふに」〈浮・御前義経記・二〉
[補説]「碌」は当て字

ろく【陸】[漢字項目]

りく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おか【陸】

水におおわれていない土地。りく。 「 -に上がる」
すずりの、墨をする部分。 ↔
風呂場で体を洗う場所。流し場。
[句項目]

くが【陸】

りく。陸地。おか。くにが。くぬが。 「我を-に厄たしなめ、また我を海に厄むや/日本書紀 神武訓

くが【陸】

姓氏の一。

くぬが【陸】

〔「くにが(国処)」の転〕
りく。くにが。くが。 ↔ うみが 「其れ園その・池・水・-の利くほさ/日本書紀 孝徳訓

りく【陸】

地球の表面で、水におおわれていない部分。地球表面積の約4分の1。岩石と土壌から成る。おか。くが。陸地。 ↔ 「 -に上がる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陸の関連キーワード私の家では何も起こらない六月の夜と昼のあわいに活動的大陸縁玄武岩いのちのパレードティーネマン海陸風循環陸成堆積物御前義経記陸性堆積物中村他三郎図書室の海新庄[市]イ・ユクサトータス日本書紀賀陽恒憲トンボロ陸生貝陸水学陸繋島

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸の関連情報