コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離騒 リソウ

デジタル大辞泉の解説

りそう〔リサウ〕【離騒】

《「離」は遭う、「」は憂え。憂えに遭(あ)う意》「楚辞」の代表的な長編詩。中国の戦国時代、楚(そ)の屈原の詩で、讒言(ざんげん)によって王に追放され、失意のあまり投身を決するまでの心境を夢幻的にうたったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りそう【離騒】

〔「離」は遭う、「騒」は憂いの意〕
「楚辞そじ」の巻頭の編名。屈原作。紀元前301年以降成立。三七二句から成る。楚の非運を嘆く憂国の情と、讒言ざんげんに遭って朝廷を追われる憂愁を幻想的にうたったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離騒の関連キーワード屈原((前340?―前278?))屈原(郭沫若の戯曲)辞(中国古典文学)吉川 霊華靖献遺言美人香草柳田泰雲吉川霊華中国文学金聖嘆譚 盾岡魯庵尤侗憂い巻頭朝廷憂国騒人非運鼻祖

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android