離騒(読み)リソウ

  • りそう リサウ
  • りそう〔リサウ〕

デジタル大辞泉の解説

《「離」は遭う、「」は憂え。憂えに遭(あ)う意》「楚辞」の代表的な長編詩。中国の戦国時代、(そ)の屈原の詩で、讒言(ざんげん)によって王に追放され、失意のあまり投身を決するまでの心境を夢幻的にうたったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

は遭う、は憂いの意
「楚辞そじ」の巻頭の編名。屈原作。紀元前301年以降成立。三七二句から成る。楚の非運を嘆く憂国の情と、讒言ざんげんに遭って朝廷を追われる憂愁を幻想的にうたったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「離」は遭う、「騒」は憂い憂患に遭遇する意。一説に、心中不平の意で、「牢愁」に通じる) 中国戦国時代、楚の屈原の著わした長編詩。讒言(ざんげん)によって朝廷を追われた屈原が理想の君主に会えない不運を、美人を求めてさまよう身に寓して夢幻的にうたった作品。いわゆる「楚辞」の首編で、代表作であり、その代名詞ともなっている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離騒の関連情報