コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆房卿艶詞絵巻 たかふさきょうつやことばえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆房卿艶詞絵巻
たかふさきょうつやことばえまき

藤原隆房と小督との悲恋を歌った『艶詞』を絵巻としたもの。 13世紀後半の作。紙本白描,1巻。文化庁蔵。巻頭に『艶詞』中の長歌を書写し,2人の出会いから帰らぬ恋を神仏に祈ろうとする北野詣でまでを5段の絵に描く。彩色を用いない白描画態で,画中には長歌の一部を葦手 (→葦手絵 ) で書込んでいる。白描やまと絵のなかでもすぐれて抒情的な作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

隆房卿艶詞絵巻の関連キーワード藤原隆房

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android