コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原隆房 ふじわらの たかふさ

3件 の用語解説(藤原隆房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原隆房 ふじわらの-たかふさ

四条隆房(しじょう-たかふさ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原隆房

没年:承元3(1209)
生年:久安3(1147)
平安末・鎌倉初期の公卿,歌人。冷泉隆房,四条隆房とも。権大納言藤原隆季と藤原忠隆の娘の子。加賀守,因幡守,蔵人頭などを歴任。平清盛の娘を妻とし,父以来親平家的であったが,高階泰経の娘とも結婚し,平家没落後も蔵人頭,検非違使別当などを歴任し,正治1(1199)年中納言,正二位になる。翌年辞任。元久1(1204)年還任,大納言に昇り翌年辞任。建永1(1206)年出家。法名寂恵。音楽に優れ,笙,拍子などを得意とする。『安元御賀記』や高倉天皇に召された小督との悲恋を題材としたかと思われる家集『隆房集』(『艶詞』)を著す。『千載和歌集』以下の勅撰集にも入集。<参考文献>桑原博史『中世物語の基礎的研究』

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原隆房
ふじわらのたかふさ
(1148―1209)

平安・鎌倉時代の歌人、散文作家。権大納言隆季(ごんだいなごんたかすえ)の子。源平の争乱期に巧みに身を処して参議、権大納言に至り、1206年(建永1)出家して寂恵と号し、余裕のある晩年を過ごした。後白河院(ごしらかわいん)50歳の賀宴の記録である『安元御賀記』や、歌集『隆房集』を残す。『隆房集』は『艶詞(えんし)』ともいい、思いを寄せていた女性小督(こごう)が、高倉(たかくら)天皇に召されたため悲恋に終わる事情を、物語風に百首の歌でつづったもの。『平家公達草紙(へいけきんだちそうし)』も、その編纂(へんさん)に隆房が関与しているかと思われる。[桑原博史]
『桑原博史著『中世物語の基礎的研究』(1969・風間書房) ▽久保田淳他校注『中世の文学7 今物語・隆房集・東斎随筆』(1979・三弥井書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原隆房の関連キーワード冷泉為孝冷泉為則冷泉為章冷泉為頼愚昧記六家集藤原実定四条隆房藤原実宗藤原光雅

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone