コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起線文 りゅうきせんもん

2件 の用語解説(隆起線文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起線文
りゅうきせんもん

土器文様の一種。隆起した線による文様で,粘土紐を張付けた太目の隆帯から,指などのなでつけによって外側にはみ出したみみずばれ状の微隆起線まで施文具や施文法および隆起線の広狭に変化がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りゅうきせんもん【隆起線文】

縄文土器の文様で、粘土紐を直線・曲線に貼りつけたもの。草創期の深鉢に水平につけられる隆線文と、中期の渦巻形・楕円形に太い隆起帯がつけられるものがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隆起線文の関連キーワード小瀬ヶ沢洞穴縄文時代縄文土器日本美術押型文土器縄文式土器神田遺跡江坂輝弥小林達雄泉福寺洞穴

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone