コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階級投票 かいきゅうとうひょうclass voting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階級投票
かいきゅうとうひょう
class voting

クラス・ボーティング。有権者が自分の属する階級 (または階層) に従って投票すること。たとえば,労働者階級や低所得層の有権者は,社会党共産党といった左翼政党に投票し,上・中流階級または富裕なエリート層は,保守政党に投票するといったパターンの投票行動を指す。しかし特に 1970年代以降の西欧や日本においては,高学歴で高所得層が進歩的な考えを持ち,福祉や環境問題を重視する革新的な政党を支持する場合も多くなってきており,「脱階級政党の時代」と呼ばれるようになった。したがって,階級投票は現象としては弱まりつつある投票行動の一形態である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android