コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階級闘争史観 かいきゅうとうそうしかん

1件 の用語解説(階級闘争史観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階級闘争史観
かいきゅうとうそうしかん

経済上の利害や地位や性質などを同じくする集団である階級 (社会階級) をキーワードとしたマルクス主義に基づく史観。たとえば,古代ギリシアの貴族と奴隷,中世の封建領主と農奴,近代の資本家と労働者などのように,各時代に生産手段を所有する階級と所有しないで主な生産の担い手となる階級がいて,両者の闘争が次の時代を準備したとするもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

階級闘争史観の関連キーワード軌を一にする識別政治屋政友打算断金党派同房日を同じくして論ぜず利害

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

階級闘争史観の関連情報