コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階級闘争史観 かいきゅうとうそうしかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

階級闘争史観
かいきゅうとうそうしかん

経済上の利害や地位や性質などを同じくする集団である階級 (社会階級) をキーワードとしたマルクス主義に基づく史観。たとえば,古代ギリシアの貴族と奴隷,中世の封建領主と農奴,近代の資本家と労働者などのように,各時代に生産手段を所有する階級と所有しないで主な生産の担い手となる階級がいて,両者の闘争が次の時代を準備したとするもの。そして,近代の階級闘争は,プロレタリアートの独裁を経て無階級社会にたどりつくとも説明する。しかし,社会主義体制の崩壊や社会主義の低迷は,階級闘争理論の誤りと不毛を示すものとも考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

階級闘争史観の関連キーワードゾンバルト

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

階級闘争史観の関連情報