隔句(読み)かっく

精選版 日本国語大辞典の解説

かっ‐く カク‥【隔句】

〘名〙
① 句をへだてること。
※作文大体(1108頃か)「隔句有六種体、謂軽重踈密平雑也〈略〉六体同調平他声也」
③ 歌論で、当然続くべき句の間に他の言葉がはいっている句体、あるいは、句の間に省略のある体をいう。後に歌病の一つとされた。〔愚秘抄(1314頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android