省略(読み)せいりゃく

精選版 日本国語大辞典「省略」の解説

せい‐りゃく【省略】

〘名〙 (「せい」は「省」の漢音)
① はぶくこと。はぶいて簡単にすること。しょうりゃく。
※菅家文草(900頃)九・請特授従五位上大内記正六位上藤原朝臣菅根状「此般東宮毎事省略」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※随筆・孔雀楼筆記(1768)二「それに準じて万事を省略(セイリャク)すれば、挽回するの理すでにここにあり」
② 取り調べること。吟味。
※歌舞伎・富岡恋山開(1798)三幕「早う一軸のせいりゃくをして来(こ)ようわいの」
③ 処置すること。工面すること。
※売卜先生安楽伝授(1796)上「我今身躰の省略(セイリャク)も世間からの人目はあしく、早貧乏せしかと」
[補注]②③は正しくは「政略」と書くべき語(近世上方語辞典)。

しょう‐りゃく シャウ‥【省略】

〘名〙 (「しょう」は「省」の呉音) はぶくこと。はぶいて簡単にすること。せいりゃく。〔布令字弁(1868‐72)〕
※国会法(1947)五六条「議院の議決で委員会の審査を省略することができる」
[補注]古くは漢音で「せいりゃく」と読まれる場合の方が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android