コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隙間風 スキマカゼ

デジタル大辞泉の解説

すきま‐かぜ【隙間風】

壁や障子などのすきまから吹き込む風。 冬》「―兄妹に母の文異(ちが)ふ/波郷
人間関係にへだたりができることのたとえ。「夫婦の間に隙間風が吹く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すきまかぜ【隙間風】

戸・障子・壁などのすき間から吹き込んでくる寒い風。 [季] 冬。 《 時々にふりかえるなり- /虚子 》
(比喩的に)親密だった二人の間が冷たくなる原因となるもの。 「夫婦の間に-が吹き始めた」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

隙間風の関連キーワードヴィクトル コネツキー高断熱・高気密住宅季節の風谷田真吾守銭奴輪飾り夫婦暖簾虚子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隙間風の関連情報