コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者控除 しょうがいしゃこうじょ

知恵蔵の解説

障害者控除

所得税及び住民税における所得控除。納税者本人や配偶者扶養親族障害者である場合に、一定額が控除される。所得税の控除額は障害者1人につき27万円。重度の障害がある際には特別障害者とされ、控除額が増える。介護保険において要介護認定を受けた場合、次の(1)〜(5)に該当するとして障害者控除対象認定書の交付を受けた65歳以上の人は障害者控除の対象となる。(1)身体障害者(3〜6級)に準ずる、(2)知的障害者(軽度・中度)に準ずる、(3)身体障害者(1〜2級)に準ずる、(4)知的障害者(重度)に準ずる、(5)6カ月以上寝たきりで食事・排泄等の日常生活に支障がある。(1)〜(2)は普通障害者、(3)〜(5)は特別障害者として扱われる。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがいしゃ‐こうじょ〔シヤウガイシヤコウヂヨ〕【障害者控除】

納税者自身または控除対象の配偶者や扶養親族が障害者である場合に適用される所得控除。障害の程度などに応じて一定の金額が所得から控除され、所得税住民税が軽減される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

障害者控除

納税者自身または控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に該当する場合に、受けることができる所得控除のこと。控除額は1人につき27万円ですが、特別障害者に当てはまる場合は40万円が控除されます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

障害者控除の関連キーワード特定贈与信託相続税

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android