コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者控除 しょうがいしゃこうじょ

知恵蔵の解説

障害者控除

所得税及び住民税における所得控除。納税者本人や配偶者扶養親族障害者である場合に、一定額が控除される。所得税の控除額は障害者1人につき27万円。重度の障害がある際には特別障害者とされ、控除額が増える。介護保険において要介護認定を受けた場合、次の(1)〜(5)に該当するとして障害者控除対象認定書の交付を受けた65歳以上の人は障害者控除の対象となる。(1)身体障害者(3〜6級)に準ずる、(2)知的障害者(軽度・中度)に準ずる、(3)身体障害者(1〜2級)に準ずる、(4)知的障害者(重度)に準ずる、(5)6カ月以上寝たきりで食事・排泄等の日常生活に支障がある。(1)〜(2)は普通障害者、(3)〜(5)は特別障害者として扱われる。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがいしゃ‐こうじょ〔シヤウガイシヤコウヂヨ〕【障害者控除】

納税者自身または控除対象の配偶者や扶養親族が障害者である場合に適用される所得控除。障害の程度などに応じて一定の金額が所得から控除され、所得税住民税が軽減される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android