コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀鼠耗 じゃくそこうQue-shu-hao; Ch`iao-shuhao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雀鼠耗
じゃくそこう
Que-shu-hao; Ch`iao-shuhao

中国,五代における税の一つ。穀物は徴収から支出までの出納の間に,保管や移送などのために目減りやいたみが生じる。この減り米を耗といい,転じて減り米を補填するための加徴をも耗というようになり,この加徴を加耗,耗余,耗あるいは雀鼠耗といった。斗耗は1斗ごとに加徴したのでこのように名づけられ,雀鼠耗はすずめやねずみの害による減り米を加徴する意味である。五代には中央で決めた加徴 (省耗) 以上に加徴されるので悪税とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

雀鼠耗の関連キーワード雑税

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android