コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目減り メベリ

デジタル大辞泉の解説

め‐べり【目減り】

[名](スル)
蒸発したりこぼれたりして、品物の目方が減ること。「綿を打ち直すと目減りする」
物の実質的な価値が低下すること。「インフレで預金が目減りする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めべり【目減り】

( 名 ) スル
物の目方や量が、取り扱い中に蒸発したりこぼれたりして減ること。
ものの実質的な価値が下がること。 「物価の値上がりで貯金が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目減りの関連キーワード改正国家公務員退職手当法ベースアップ(ベア)担い手経営安定対策賃金・物価の悪循環インデクセーションインフレ・ヘッジスポーツ振興基金目銭(もくせん)AIJ投資顧問保全経済会事件商品受渡条件物価指数保険日本住宅金融ベースアップ特定扶養控除物価連動国債資産デフレ債務者利得原価配分Tips

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目減りの関連情報