コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁の子 カリノコ

デジタル大辞泉の解説

かり‐の‐こ【×雁の子】

ガンやカモなどの水鳥のひなを慈しんでいう語。
「鳥座(とぐら)立て飼ひし―巣立ちなば真弓の岡に飛び帰り来(こ)ね」〈・一八二〉
ガンの卵。また広く鳥の卵をいう。
「三月(やよひ)晦日方(つごもりがた)に、―の見ゆるを」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりのこ【雁の子】

がんの子。また単に、雁・鴨かもなどの水鳥。 「 -巣立ちなば/万葉集 182
雁や鴨の類のたまご。 「あてなるもの、薄色に白襲の汗衫かざみ、-/枕草子 42

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雁の子の関連キーワード鳥栖・塒・鳥座ガン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android