雄蛇苺(読み)おへびいちご

精選版 日本国語大辞典「雄蛇苺」の解説

お‐へびいちご を‥【雄蛇苺】

〘名〙 バラ科多年草本州、四国、九州の原野の水湿地や田圃などに生える。茎は地上をはい、全体に伏毛が生じる。根生する葉は長い柄があり、掌状で、縁に荒い鋸歯(きょし)がある。初夏、黄色い小さな五弁の花がやや密に集まって咲く。葉の煎じ汁は虫さされの解毒薬効があるという。漢名、蛇含(じゃがん)。おとこへびいちご。うつまめ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「雄蛇苺」の解説

雄蛇苺 (オヘビイチゴ)

学名Potentilla sundaica var.robusta
植物。バラ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android