コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団論 しゅうだんろんgroup theory

翻訳|group theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団論
しゅうだんろん
group theory

集団に焦点を当てて構成された政治理論。それまでの国家に中心を置く公法学的・制度論的な発想に対して,集団が政治的活動の基本単位であると仮定して政治分析を行なう一つの方法。 20世紀初頭,A. F.ベントリーが『政治の過程』を著し,社会を諸集団の絶えざる相互作用の総体としてとらえ,このような集団現象をとらえることで政治現象を把握しようとした。第2次世界大戦後,この考えは再評価され,中でも D. B.トルーマンはグループ・アプローチから潜在的集団などの概念を探求した。集団論は,集団に基づく一種の均衡論であるが,社会的レベルでの政治活動を説明する上で重要な意味を持っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集団論の関連キーワードモーニエ(René Louis Edouard Maunier)マートン(Robert King Merton)ブライアン・R. ウィルソンR.L.E. モーニエラルフ・H. ターナー人間関係管理集団社会学都市社会学産業社会学戦争社会学犯罪社会学社会心理学大山郁夫準拠集団社会学シルズ政治学モレノ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android