コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集電靴 シュウデンカ

デジタル大辞泉の解説

しゅうでん‐か〔シフデンクワ〕【集電靴】

レールの外側に敷かれた第三軌条から車体に電流を取り入れる装置。日本では地下鉄などで使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の集電靴の言及

【集電装置】より

…電車,電気機関車,トロリーバスなどの電気車両が,空中に架設した架空電車線(架線),あるいは走行用レールと別に地上に設けた導電レール(第3軌条という)から電気を取り入れるための装置。架空電車線から集電する装置としては,トロリーポール,ビューゲル,パンタグラフなどがあり,また,導電レールから集電する装置としては集電靴がある。日本最初の電車では,架線が複線式であったことと速度も低かったためトロリーポールが用いられた。…

※「集電靴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone