雇用情勢(読み)こようじょうせい(英語表記)employment situation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雇用情勢」の解説

雇用情勢
こようじょうせい
employment situation

狭義には,現在の経済情勢に応じた雇用者,失業者の増減動向のことであるが,広義には,さらに労働力需給,賃金,労働時間,企業の雇用判断などの動向の総合判断をいう。内閣府の「月例経済報告」では,広義の意味で用いているが,それによると日本の雇用情勢は,1987年ころは失業率が3%台を記録するなど厳しい状況にあったが,景気回復・拡大するにつれて失業率も2%台にまで低下した。しかし,91年をピークに増加傾向となり,2002年には完全失業率が 5.4%となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android