雌雄嵌合体(読み)シユウカンゴウタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゆうかんごう‐たい シユウカンガフ‥【雌雄嵌合体】

〘名〙 一つの動物体の中にの部分との部分がはっきりとした境界をもって混在するもの。それぞれの部分の細胞に関する遺伝子構成が異なっている。雌雄同体、間性などとは異なる。昆虫類甲殻類鳥類などに見られる。雌雄モザイク。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android