雑口(読み)ゾウコウ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐こう〔ザフ‐〕【雑口】

悪口を言うこと。雑言(ぞうごん)。
「腰が抜けて弓矢の義を忘れしと、韃靼(だったん)人の―にかけられんは必定」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうこう【雑口】

むだ話。また、悪口。雑言ぞうごん。 「韃靼だつたん人の-にかけられんは必定/浄瑠璃・国性爺合戦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐こう ザフ‥【雑口】

〘名〙 種々の悪口。雑言(ぞうごん)
※浄瑠璃・傾城吉岡染(1710頃)紙子雛形「まま子の足を打折てかたわにしたと、世の中のざう口に戸は立られず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android