コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑居拘禁 ざっきょこうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑居拘禁
ざっきょこうきん

複数の受刑者を1つの房に収容する拘禁方式。独居拘禁に対する。雑居拘禁は,人間の社会性に適合し,作業の実施にも能率的であるなどの利点がある反面,受刑者間での悪風の感染や,プライバシーの完全な欠如などの欠点もある。そこで,昼間のみ雑居とする方式も考案されているが,日本の刑務所の多くは,昼夜とも雑居制を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雑居拘禁の関連キーワードハワード(John Howard、監獄改良運動家)独居制・雑居制ハワード揚屋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android