悪風(読み)アクフウ

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐ふう【悪風】

〘名〙
① 海上などで荒れ狂う大風。暴風。嵐。
※今昔(1120頃か)四「昔、一人の人有り、商の為に船に乗て海に出ぬ。悪風俄に出来て船を海の底へ巻き入る」
② 毒気を含んだ、人にわざわいをもたらす風。また、くさい風や息。
※謡曲・舟弁慶(1516頃)「悪風を吹きかけ、眼(まなこ)もくらみ、心も乱れて」
③ 弊害の多い悪い風俗・風習悪習悪弊。⇔良風美風
※政談(1727頃)三「当時の風俗、金さへ有ば何事もなると云事、極りたる悪風也」

あしき【悪】 風(かぜ)

悪い風。はげしく吹き、害を与える風。暴風。
※延喜式(927)祝詞(出雲板訓)「天下の公民(おほむたから)の取り作れる奥つ御歳を、悪風(アシキかぜ)(あら)き水に相(あ)はせ賜(たま)はず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報