コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑端汁 ざっぱじる

2件 の用語解説(雑端汁の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ざっぱじる【雑端汁】


じゃっぱ汁。⇒じゃっぱじる

じゃっぱじる【雑端汁】


青森県津軽地方や秋田県の郷土料理で鍋料理の一種。じゃっぱは残り物の意で、魚のあらのこと。魚の頭、中骨、白子などをぶつ切りにして、大根・ねぎなどの野菜とともにみそ味で煮る。魚はたらや鮭を用いることが多い。◇「ざっぱじる」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑端汁の関連キーワード豚骨ホーハイ節芋串じぶ煮塩汁鍋青森県青森市富田青森県中津軽郡青森県北津軽郡板柳町灰沼松木明津軽地方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone