コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑訴 ザッソ

デジタル大辞泉の解説

ざっ‐そ【雑訴】

いろいろの訴訟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざっそ【雑訴】

小さい種々の訴訟。
中世、公家の訴訟制度で、主に所領関係などの訴訟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雑訴の言及

【雑訴決断所】より

…建武政府の訴訟機関。1333年(元弘3)5月に鎌倉幕府が倒れたのち後醍醐天皇による公武一統の政治が開始されると,増加の一途をたどる所領関係の訴訟(これを公家側では雑訴と称した)を所轄する官衙として,記録所とは別に雑訴決断所が創設された。略して単に決断所ともいう。…

※「雑訴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雑訴の関連キーワード上杉憲房(1)万里小路宣房与止日女神社建武の新政建武年間記宇都宮公綱二階堂是円中御門経季二階堂貞藤雑訴決断所小槻匡遠藤原宣房中原章賢伊賀兼光千種忠顕建武新政吉田定房名和長年長井宗衡上杉憲房

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android