コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公家法 くげほう

3件 の用語解説(公家法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

公家法【くげほう】

中世,支配権力の分立した中で,王朝権力下で効力を持った法。武家権力下では武家法,各荘園においては本所(ほんじょ)法が効力を持った。院政(いんせい)期を画期とする法体制。
→関連項目弘長新制新制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くげほう【公家法】

中世社会においては,支配権力の分立傾向がいちじるしかった。これに対応して,旧律令国家の系譜をひく王朝権力全体においては公家法,王朝権力を構成する個々の荘園領主権力とくに寺社領荘園においては本所法(ほんじよほう),新たに勃興した武家権力においては武家法が,それぞれの支配を支える法規範・法秩序として存在した。 公家法は,大陸からの継受法たる律令の変質・再編と旧来の在地固有法の変質・吸収,この両者の融合によって形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公家法
くげほう

日本の中世法の一つ。中世においては、政治勢力の分裂と分権化に対応して、いくつかの異なった法秩序が存在したが、広義には武家法に対立する法秩序をいい、狭義にはこのうち個別荘園(しょうえん)における法秩序(本所(ほんじょ)法)を除いたものをいう。公家法は、律令(りつりょう)制の解体と並行して徐々に確立していった。平安初・中期には、例の制定や、格(きゃく)・式(しき)の発布を通じて、律令の修正・補足と、より弾力的・現実的運用が図られていく。弘仁(こうにん)・貞観(じょうがん)・延喜(えんぎ)の3代にわたる格式の編修は、律令を大幅に修正し、より日本化した形でその摂取を図るものとなった。さらに、平安中・末期に至ると、荘園制の形成をはじめ中世的社会体制の胎動に伴って、これに対応する新たな法秩序の形成が要請される。12世紀前半ころに成った『法曹至要抄(ほっそうしようしょう)』は、このような要請にこたえたもので、形式は明法家(みょうぼうか)の律令解釈書ではあったが、大胆にその解釈改変を行うとともに新たな法意を打ち出し、彼らの訴訟実務の場で現実的な法として機能した。同書は、刑事・民事(婚姻法、奴婢(ぬひ)法、所有権法、相続法、売買貸借法など)など全177か条からなり、後の公家法展開の母胎となった。鎌倉期に入って、『裁判至要抄』『金玉掌中抄(きんぎょくしょうちゅうしょう)』『明法条々勘録(みょうぼうじょうじょうかんろく)』などの法書が作成され、より社会的現実に対応した法意が打ち出されていく。このほか、随時作成される明法家らの勘例も判例的な機能をもち、また平安末期以降いくたびか発布された公家新制も公家法の一部を構成し、公家・寺社勢力の政治的・社会的支配の法として機能することとなる。鎌倉中期、後嵯峨(ごさが)院政期以降は、武家法の発達に刺激されて訴訟制度の整備が進んだ。しかし、南北朝の動乱を通じて公家の衰微が著しくなり、室町期に至って武家による王朝権力の吸収が進行すると、その現実的意味を失い、形骸(けいがい)化して有職故実(ゆうそくこじつ)化していくこととなる。[棚橋光男]
『羽下徳彦著「領主支配と法」(『岩波講座 日本歴史 中世1』1975・岩波書店) ▽笠松宏至他著『中世政治社会思想 下』(1981・岩波書店) ▽佐藤進一著『日本の中世国家』(1983・岩波書店) ▽棚橋光男著『中世成立期の法と国家』(1983・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公家法の言及

【中世法】より


【中世法の形成】
 11~12世紀ごろ,古代国家が解体し,代わって王朝国家が姿を現すと,形骸化した律令法に代わる新しい法体系が成長して,王朝国家を支えることとなる。公家法とよばれるものがそれである。ただ公家法は,律令法のように大規模な法典の制定によって一気にその骨格ができ上がったのではなく,律令法に対する部分的改廃や新しい解釈による実質的な修正などによって,律令法を空洞化し,漸次新しい根を張っていく長い過程を経て,形成されたのであった。…

【律令法】より

…摂関政治や院政などの新しい政治形態の出現,班田制の衰退と荘園制の発展,律令法的身分秩序の解体などにみられる各種の歴史上の変化によって,律令法に基づく新しい慣習法が律令法の各分野で形成されてきた結果である。これを公家法の時代として区分することができる。たとえば,官職制度のなかにも各種の重要な変化がおこったが,そのなかで著名なものは蔵人(くろうど)所および検非違使(けびいし)庁の制度である。…

※「公家法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公家法の関連キーワード一円知行原始社会権力分立支配権法度民主主義河原者公権力領主権メディアクラシー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone