コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇利古 そりこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇利古
そりこ

日本の雅楽の曲名。高麗壱越 (こまいちこつ) 調,小曲に属する。4人舞 (四天王寺では5人舞) 。前奏として意調子が奏される。舞人は雑面 (ぞうめん) をつけ,白楚 (ずわえ) と呼ばれる短い棒を持つ。古来,竈 (かまど) 祭の舞ともいわれ,応神天皇の時代に百済人の須々許理 (すすこり) がもたらしたものともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そりこ【蘇利古】

雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗壱越(いちこつ)調の小曲。舞は四人舞で、蔵面(ぞうめん)をつけ、楚(すわえ)を持つ。番舞(つがいまい)は壱鼓(いっこ)など。竈祭舞(かまどまつりのまい)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そりこ【蘇利古】

雅楽の一。右方の新楽で、壱越いちこつ調の小曲。四人舞の文の舞。襲装束かさねしようぞくに老懸おいかけのついた巻纓けんえいの冠をつけ、蔵面ぞうめんを用い、手に楚ずわえを持って舞う。竈祭舞かまどまつりのまい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蘇利古の関連キーワード聖霊会舞楽蔵面・造面二ノ舞襲装束舞楽面右方安摩

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android