雛僧(読み)すうそう

精選版 日本国語大辞典「雛僧」の解説

すう‐そう【雛僧】

〘名〙 幼い僧。小僧
※空華日用工夫略集‐応安三年(1370)八月二日「建長等宣侍者、帯一僧来」
※しん女語りぐさ(1965)〈唐木順三〉四「雛僧として父のもとに長くつとめてゐた例の小童で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android