コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離婁 リロウ

大辞林 第三版の解説

りろう【離婁】

中国の古伝説上の人。視力がすぐれ、百歩離れた所からでも毛の先がよく見えたという。離朱。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

離婁の関連キーワード人必ず自ら侮りて然る後に人これを侮る天に順う者は存し天に逆らう者は亡ぶ天に順う者は存し天に逆う者は亡ぶ善を責むるは朋友の道なり大人は赤子の心を失わず地を易うれば皆然り科に盈ちて後進む道は近きにあり夜を日に継ぐ揆を一にする耳目の欲自暴自棄赤子の心安宅正路規矩準縄春秋孟子離朱巨室私淑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離婁の関連情報