コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離岸距離 りがんきょりcoastal gap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

離岸距離
りがんきょり
coastal gap

大陸から冷たい北西の季節風が日本海を吹き抜ける冬型気圧配置のとき,日本海の上に発生する積雲列の発生地点と大陸沿岸との距離。寒気移流が強いほど大陸からの離岸距離は短く,寒気移流が弱くなるにつれて長くなっていくため,寒気移流の強弱の目安とされる。寒気移流が強いときの日本海を気象衛星画像でみると,ロシアの沿海州付近の海岸線からすぐ積雲が発生している様子がわかる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

離岸距離の関連キーワード気象衛星雲型判別洋上風力発電

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android