コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離陸補助ロケット りりくほじょロケット

2件 の用語解説(離陸補助ロケットの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

離陸補助ロケット【りりくほじょロケット】

飛行機の離陸に必要な滑走長を短縮,または規定以上の過大重量で離陸を要する場合に用いる補助推力発生手段。主として固体推進剤の小型ロケットで,必要数を機体に一定角度で取り付け上向きの推力を発生させる。
→関連項目ブースターロケット(工学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りりくほじょロケット【離陸補助ロケット】

航空機自身の推進装置のみでは離陸困難な場合に,離陸から安定に飛行しうるようになるまでの間,推力を増大するために補助的に使用されるロケットエンジン。このような離陸方法をラトーRATO(rocket assisted take offの略)と呼ぶ。小型軽量で短時間に大推力を出せるロケットエンジンの特性を利用したもので,使用秒時によるが,通常固体ロケットエンジンが使われることが多い。使用後投棄されるのがふつうである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の離陸補助ロケットの言及

【ブースター】より

… まれには多段ロケットの各段エンジンを第1段ブースター,第2段ブースターなどの名で呼ぶことがある。【秋葉 鐐二郎】 飛行機の場合,離陸時に離陸距離の短縮などを目的としてロケットエンジンを用いたこともあるが(このような方法をRATO(ラトー)(rocket assisted take offの略),これに用いられるロケットを離陸補助ロケットという),現在ではほとんど実用されていない。なお,電気工学の分野では電圧降下を補う昇圧用の発電機や変圧器,あるいはアンテナとテレビ受像機の間に接続される増幅器などのことをブースターと呼んでいる。…

※「離陸補助ロケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone