コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田 はった

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八田
はった

山梨県中部,甲府盆地北西部,御勅使 (みだい) 川扇状地にある地域。旧村名。 1956年御影村と田之岡村が合体して成立。地名は近世の郷荘名に由来するといわれる。 2003年に芦安村,白根,若草,櫛形甲西の各町と合併し南アルプス市となった。江戸時代から行商が盛んで,東境を流れる釜無川沿いで米作が行なわれるほかは養蚕が主産業であったが,第2次世界大戦後ブドウ,モモなどの果樹栽培に転換した。ころ柿の産地でもある。国道 52号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はった【八田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八田
はった

山梨県中部、中巨摩(なかこま)郡にあった旧村名(八田村(むら))。現在は南アルプス市の北東部を占める一地区。2003年(平成15)白根(しらね)、櫛形(くしがた)、甲西(こうさい)、若草4町および芦安(あしやす)村と合併し、南アルプス市となる。旧八田村地区は、甲府盆地西部、御勅使(みだい)川扇状地の扇端部と釜無(かまなし)川右岸の氾濫原(はんらんげん)上に位置する。国道52号が通じる。かつては米作、養蚕を主体とする農業が盛んであったが、その後、ブドウ、モモなどの果樹栽培が主力となった。ころ柿(がき)生産でも名高い。1959年(昭和34)に工場誘致が行われ、バルブ工場など数社が操業している。国指定重要文化財に、天平(てんぴょう)年間(729~749)行基(ぎょうき)が建立したといわれる長谷(ちょうこく)寺本堂がある。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八田の関連キーワード山梨県笛吹市石和町八田愛発山・有乳山・荒血山ハッタジュズイミミズドーベルマン刑事南アルプス[市]箭田珠勝大兄皇子ブラキストン線われらが教官虹を抱く処女宝生あやこ石野 龍山港は浮気風常陸大宮市銀座三四郎多甚古村加藤安彦黒田清綱富士山頂八田玄斎鮫島十内

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八田の関連情報