固体推進剤(読み)こたいすいしんざい(英語表記)solid propellant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「固体推進剤」の解説

固体推進剤
こたいすいしんざい
solid propellant

化学ロケットの推進剤の一種で,均質型と非均質型の2つがある。均質型とは,単一の推進剤または複数の推進剤の混合物がコロイド状態で固められたもので,ダブルベース (二基性) と呼ばれるものが代表的である。主成分がニトログリセリンニトロセルロースで,これに安定剤としてジフェニルアミンや可塑剤としてジエチルフタレートなどを加えて使う。非均質型はコンポジット (混合性) と呼ばれ,燃料として合成樹脂や合成ゴムを,酸化剤としては過塩素酸アンモニウムなどが使われる。このようなコンポジット推進剤は,1940年代にアメリカで開発され,ダブルベースなどよりはるかに性能がよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「固体推進剤」の解説

こたい‐すいしんざい【固体推進剤】

固体燃料と酸化剤からなるロケットの推進剤。燃料として合成ゴムとアルミニウム粉末、酸化剤として過マンガン酸カリウム過塩素酸アンモニウムという組み合わせが使われる。固体推進薬。→液体推進剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android