難波作之進(読み)なんば さくのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波作之進 なんば-さくのしん

1865-1925 明治-大正時代の実業家,政治家。
慶応元年5月生まれ。生地山口県周防(すおう)村の村長,県会議員などをへて防長農工銀行取締役となる。大正9年衆議院議員。12年の虎ノ門事件で死刑となった難波大助は4男。大正14年5月25日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android