虎の門事件(読み)とらのもんじけん

世界大百科事典 第2版の解説

とらのもんじけん【虎の門事件】

1923年12月27日午前,帝国議会の開院式に出席する途中の摂政宮裕仁が,東京・虎の門近くで難波大助に狙撃された事件。杖の仕込銃から発せられた弾丸は命中せず,摂政は難を免れた。難波は〈革命万歳〉と叫んでいるところを逮捕され,翌年11月13日死刑を宣告された(15日刑執行)。難波は山口県の大地主で,庚申俱楽部所属の代議士作之進の四男で,三高入試に失敗したころから貧民窟の実情を知り,社会主義的書を読み,また,関東大震災時に起こった大杉栄虐殺(甘粕事件)や亀戸事件に憤激して,テロを行ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虎の門事件
とらのもんじけん

摂政(せっしょう)宮皇太子裕仁(ひろひと)親王(昭和天皇)暗殺未遂事件。1923年(大正12)12月27日、第48帝国議会開院式に臨もうとして摂政宮が虎ノ門に差しかかると、突然難波大助(なんばだいすけ)が宮の乗用車(英国デムラ会社製スペシャル号)に接近し、ステッキ銃で狙撃(そげき)した。弾丸は車の窓ガラスに縦1寸4分、横1寸8分の「不正円形の貫通孔」をあけ、車内天井の左後ろ隅近くの5か所に「示指頭大(ししとうだい)の弾痕(だんこん)」を残し、また車内より弾片5個が発見された。陪席の入江為守(いりえためもり)東宮(とうぐう)侍従長がガラスか弾丸の破片かで軽傷を負ったが、宮は無事であった。時の山本権兵衛(ごんべえ)内閣は責任をとって総辞職し、湯浅倉平(ゆあさくらへい)警視総監も懲戒免官となった。その場で逮捕された難波は、無政府主義に深い影響を受けテロリストになった者であるが、当時の社会運動の組織とはつながりはなかったようである。翌年11月13日大審院で刑法第73条の大逆罪により死刑判決が下され、15日刑が執行された。[佐藤能丸]
『『特別高等警察研究資料第一 虎ノ門ニ於ケル不敬事件ニ関スル調査』〈極秘〉(1925) ▽我妻栄他編『日本政治裁判史録 大正』(1969・第一法規出版) ▽原敬吾著『難波大助の生と死』再版(1980・国文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android