コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波宗建 なんば むねたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波宗建 なんば-むねたけ

1697-1768 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
元禄(げんろく)10年7月15日生まれ。難波宗尚の子。享保(きょうほう)15年参議,19年権(ごんの)中納言宝暦(ほうれき)3年正二位にすすみ,8年権大納言に任じられた。家芸の蹴鞠(けまり)にすぐれ,紫宸(ししん)殿の欄間の桁(けた)を人ののぞむままに鞠をこえさせたという。明和5年11月5日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

難波宗建 (なんばむねたけ)

生年月日:1697年7月15日
江戸時代中期の公家
1768年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

難波宗建の関連キーワード難波宗城生年月日公卿