難波宗教(読み)なんば むねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難波宗教 なんば-むねのり

1200-? 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
正治(しょうじ)2年生まれ。藤原宗長の子。侍従,刑部卿(ぎょうぶきょう)を歴任し,建長5年従三位,のち従二位にすすむ。北条時頼蹴鞠(けまり)の師となり,鎌倉でたびたび蹴鞠の会をひらいた。弘安(こうあん)元年79歳で出家。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android