コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難消化性デキストリン

栄養・生化学辞典の解説

難消化性デキストリン

 デキストリンを焙焼し,酵素で消化して消化されにくい部分を集めたもの.食物繊維として使われる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なんしょうかせい‐デキストリン〔ナンセウクワセイ‐〕【難消化性デキストリン】

加熱処理したでんぷんをアミラーゼ加水分解し、未分解物より得られる水溶性食物繊維食物繊維による整腸効果のほか、ミネラル吸収を阻害せず、糖の吸収をおだやかにする血糖調節効果があるとされ、特定保健用食品の素材として用いられる。難消化デキストリン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

難消化性デキストリンの関連キーワードおなかの調子をととのえる食品(具体的な商品名)おなかの調子をととのえる食品健茶王 すっきり烏龍茶健茶王 香ばし緑茶トクホコーラトクホそば健茶王加水

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難消化性デキストリンの関連情報