難消化性デキストリン

デジタル大辞泉の解説

なんしょうかせい‐デキストリン〔ナンセウクワセイ‐〕【難消化性デキストリン】

加熱処理したでんぷんをアミラーゼ加水分解し、未分解物より得られる水溶性食物繊維食物繊維による整腸効果のほか、ミネラル吸収を阻害せず、糖の吸収をおだやかにする血糖調節効果があるとされ、特定保健用食品の素材として用いられる。難消化デキストリン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難消化性デキストリンの関連情報