水溶性食物繊維(読み)すいようせいしょくもつせんい

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

すいようせいしょくもつせんい【水溶性食物繊維】

植物の細胞内にある貯蔵物質分泌物で、水に溶けて腸内で水分を抱き込んでゲル化する食物繊維海藻類野菜類、芋類、豆類などに多く含まれる。余分な栄養の吸収を妨害し、便として排泄する働きをもつほか、満腹感を促進して肥満予防、腸内活動の活発化、便秘・痔の疾患の予防、糖尿病動脈硬化高血圧などの生活習慣病予防などに効果があるとされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいようせい‐しょくもつせんい〔‐シヨクモツセンヰ〕【水溶性食物繊維】

食物繊維のうち、水溶性のものの総称。水分を吸収してゲル状になる。ペクチンアルギン酸ポリデキストロースなどが知られ、海藻類、こんにゃく芋などに含まれる。腸内細菌の栄養分となるほか、食後の血糖値の急激な上昇を緩和するはたらきがあるとされる。→不溶性食物繊維

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水溶性食物繊維の関連情報